公開日:2019.08.28
最終更新日:2019.09.20

ダイエットの停滞期はいつまで?期間・脱出方法についても解説

 

 

「羨ましがられるような、美しいスタイルを手に入れたい…。」

「痩せて、好きな洋服を着られるようになりたい…。」

女性にとって、ダイエットは永遠の悩みのタネですよね。

とくに、食事量を減らしても、運動量を増やしても体重が動かなくなる「ダイエットの停滞期」はつらいものだと感じます。

せっかく順調に痩せてきていたのに「どうして減らなくなったの…?」と悩む方は、多いのではないでしょうか?

今回は、そのような悩みを解決するために、ダイエットの停滞期について詳しく紹介します!

どのくらいの期間続くのか、そして、気になる脱出方法もまとめてみました。
「短期間でダイエットの停滞期を乗り越えたい!」と思っている方は、是非ご覧になってくださいね。

ダイエットの停滞期っていつまで続くの?

痩せようとジョギングや筋トレをがんばって続けているのに、全く痩せなくなってしまった。
最初はガクンと体重が落ちたのに、いざ減らない「ダイエットの停滞期」に突入すると、不安になってしまいますよね。

いつまで続くのか分からないという現状を、悲観的に思い悩むのではなく、前向きな行動に変えましょう!

あなたも停滞期を脱出するために、正しいダイエットの知識を手に入れて、努力してはいきませんか?

ダイエット停滞期の期間

「ダイエットの停滞期」に入ってしまう期間が、どれくらいなのかは気になりますよね!
しかしながら、停滞期へ入るタイミングは個人差があり、正確には定められていないのです。

ただし、曖昧なダイエットの停滞期にも、気づく目安はあります。

それはダイエットを開始して、体重の5%の減量した日から約1か月後…。

残念ながら、本格的にがんばって、ようやく安定し始めたときに停滞期は訪れてしまうみたいですね。

目標到達に向かうまでの、一番の難所ポイントになることが分かります!

停滞期になる期間は、早い人では約2週間ほどかかり、遅い方では2か月ほど変わらない状況になるときもあるようです。

ダイエットの停滞期中は、「どれくらいで終わるの…?」と心配かもしれませんが、継続することで脱出できるので、焦らずゆっくりと取り組んでいきましょう!

ダイエット停滞期に陥る理由とは?

これまで順調に体重を落としていたにも関わらず、どうしてダイエットの停滞期に陥ってしまうのでしょうか?

カラダの状況は目に見えるわけでもないですし、自分で把握することはできませんよね。

いつの日からか減量が上手く進まなくなってしまう、その理由を詳しく見ていきましょう!

カラダの機能によるもの

ダイエットの停滞期が起きる原因は、カラダの機能によるものです。

私たちのカラダには、ホメオスタシスという「正常な状態から外れたら元に戻そうとする」恒常性維持機能が付いています!

その働きかけによって、体内が痩せたことに異変を感じてしまい、体重が停滞する現象を起こしてしまうのです。

具体的に説明すると、飢餓状態になってしまったカラダを守ろうとする、一種の「防御反応」になります。

また、「ホメオスタシス」が働きかけると、基礎代謝が抑えられてしまい、消費カロリーが減ってしまいます。

それゆえ、体重減少のスピードがゆるやかになり、「前よりも痩せにくくなった…。」と感じてしまうのですね。

ダイエット停滞期中に気を付けること

ダイエットの停滞期中に体重があまりにも減らないので、さまざまな方法を試してみる方もいるのではないでしょうか?

もしかすると、自分は正しいと思っていても、やってはいけない間違った方法をしている可能性があるのかも…?

失敗を起こし途中で挫折しないためにも、ダイエットの停滞期中に気を付けるべきことをまとめてみました!

食事の量を減らす

「すぐに痩せる方法」と聞くと、「食事制限」が頭に浮かんだ人もいるのではないでしょうか?

たしかに、数日間の即効性はありますが、ダイエットの停滞期中に行うのはあまり良くないのですよ。

なぜなら、極端な食事制限はリバウンドを招きやすく減量中には逆効果だからです。

健康に体重を減らしていくためにも、朝・昼・晩きちんと栄養バランスの取れた食事をとるように心掛けましょう。

また、タンパク質、炭水化物、ビタミンにミネラルは、どれもカラダに必要不可欠なものです!

エネルギー不足に陥ると、脳の回転が遅くなり、頭も働きにくくなってしまいます。

無理をすると、学業や仕事に支障が出てしまいますので気を付けましょう。

生活リズムを壊さないように、栄養素の高い食材をしっかりと選んで食べてくださいね!

過度の運動をする

ウォーキングやランニングなどの有酸素運動や、筋トレはダイエットに効果的ですよね!

しかし、ダイエットの停滞期中に過度な運動を行うと、ストレスや疲労がたまりやすく、過食してしまう可能性があります。

痩せないからと言って、いつもより走る距離を長くしたり、筋トレの回数を増やしたりと、激しい運動は控えましょう。

どうしても何かしないと気が済まないという方は、カラダに負担をかけないために、マッサージやストレッチを増やすのがおすすめです。

リンパの流れをケアしつつ、カラダ全体を柔らかくし、むくみを解消してくれますよ!

ダイエットの停滞期は必ず訪れる事を理解する

周りの友人や知り合いが痩せ始めているのを見て、「どうして自分だけが痩せられないのだろう…。」と悲観的に考えてはいませんか?

安心してください!

カラダの機能上、ダイエットの停滞期はだれにでも必ず訪れるものなのです。

自分一人だけ痩せないからと言って、周囲に取り残されているような気持ちにならないようにしましょうね!

ストレスは過食を招きやすく、ダイエットには天敵の存在になってしまいます。

この停滞期のタイミングを減量に向けての転機と考えて、あきらめずに継続することで、うれしい成果が近づきますよ。

ダイエットの停滞期を脱出するために

停滞期中は「この現状をどう乗り越えればいいの…。」と、嘆きたくなるときもありますよね。

終わりの見えない状況を思い悩み、早く変化が欲しいと思っていることでしょう。

そのような悩みを抱えている方に、朗報があります!

なんと!ダイエットの停滞期を上手く脱出するためには、驚くほどさまざまな方法があるのです。

自分にピッタリの方法を見つけて、楽々と乗り越えていきましょう。

これを読めば、つらいダイエットの停滞期の対策はバッチリですよ!

チートデイを設けて身体を騙す。

チートデイというモノがあるのをご存知でしょうか?

筋トレマニアの方や、ダイエットに熱心な方は、すでにご存知かもしれませんね!

チートデイには、「騙す日」という意味があります。

つまり、この日だけは特別に自分の好きなものをいっぱい食べて、「必要なカロリーがカラダに満足するほど足りていると錯覚させること」を表します。

日頃我慢していた甘いお菓子に、おいしい肉やお米などを、たくさん食べちゃいましょう!

この機会に、お店へと外食にいくのも良いかもしれませんね。

週に1度のペースから、チートデイを取り入れていくことで、ダイエットの停滞期を上手く脱却できるきっかけ作りになりますよ。

糖質とタンパク質の量を見直す

あなたは、ダイエット中に何を食べているときが多いですか?

また、自分の食べているモノがカラダにどういう影響を与えているのか、考えたことはあるでしょうか?

ダイエットにおいては、「食べた摂取カロリーの合計」よりも重要なことがあります!

それは、糖質制限を行い、自分のカラダに合う量の適切なたんぱく質を取ること。

糖質は、脂肪になるため太りやすく、少なめにすることを推奨します。

たんぱく質は、ほとんど脂肪にならずに、筋肉を作りやすくする効果があるので、どんどん取るべきです!

だからと言って、極端な食事メニューに変えるのも健康には良くはないので、栄養バランスを意識する必要があります。

ダイエットの停滞期を改善したいのなら、いつもの食事内容が自分にとって適切なのか、今一度見直してみましょう。

トレーナー(専門家)に相談する

「自分ひとりじゃ、ダイエットの停滞期を乗り越えられるか不安…。」と思う方もいるのではないでしょうか?

そういう時におすすめなのが、パーソナルトレーニングジムのトレーナー等、ダイエットの専門家に相談することです!

プロフェッショナルに正しい知識を提供して貰えるので、間違ったダイエットをしないで済みますよ。

挫折してしまいそうなときでも、アドバイスをしながら励ましてくれるので、モチベーション維持にも嬉しいですね。

気になるジムがあれば、ぜひ問い合わせてみましょう。

ダイエットの停滞期脱出後もリバウンドを防ぐために

ダイエットの停滞期を脱出できれば、乗り切れた喜びが大きいですよね!

しかし、安定して体重が減るようになったのが嬉しすぎるあまりに、油断して過食してしまう方がいます。

せっかく長い時間をかけて痩せてきたのだから、もうリバウンドはしたくないですよね。

痩せて自信をつけて、オシャレをもっと楽しくし、毎日の生活をにこやかに過ごしてはいきませんか?

二度と同じ過ちを繰り返さないためにも、どのようにして「ダイエットの停滞期後のリバウンドを防ぐ」のか、お伝えしていきます!

運動を続ける

ダイエットの停滞期後のリバウンドを防ぐには、運動を行って筋肉をつけましょう!

とくに筋トレなどを行い、良質な筋肉をカラダにつけることで、基礎代謝があがり1日に消費されるカロリーを増やすことが可能です。

基礎代謝が増えるということは、太りにくくなることを表します。

また、食事制限と比べて、運動は見た目が引き締まってスッキリとした印象になるため、「痩せてきた!」と実感しやすくなりますよ。

目にはっきりと違いが見えることで、ダイエットのやる気もアップするので、適度にジョギングや筋トレなどの運動を行いましょう。

食事の内容に気をつける

ダイエットの停滞期後のリバウンドを防ぐには、食事内容に気を付けるのがおすすめです。

人間のカラダには、「レプチン」という脂肪代謝ホルモンがあります。

しかし、停滞期にはエネルギーの消費を抑えようとする働きが起きるため、レプチンの分泌が減ってしまうのです。

それゆえ、前よりも活発にさせてどんどん代謝を促すようにするには、きちんとした栄養価のある食事を取り入れる必要があります。

ごはんやパンなどの炭水化物、お肉などのたんぱく質、フルーツや野菜などのビタミン、わかめなどのミネラルを、ほどよく取りましょう

まとめ

ダイエットの停滞期についてご紹介してきましたが、いかがだったでしょうか?

なかなか減らない体重に、ストレスを感じることもあるかもしれませんが、時間がたてば必ずや減少する期間はやってきます。

ダイエットの停滞期が起きてしまう原因と、リバウンドを防ぐ方法を知識の中に増やすことで、無理なく脱出することができますよ。

この記事でご紹介した、食事内容や運動方法に気を付けて継続することができれば、必ずや成果が出るはずです。

また、普段のダイエットにマンネリ化しているのであれば、「チートデイ」を取り入れてみてはいかがでしょうか?

どうしても、一人での継続が厳しいと判断した場合には、パーソナルトレーニングジムにもアクセスしてみましょう。

ダイエットは負担がかかりすぎると健康面に害が出るので、あまり神経質にならず、マイペースにゆっくりと進めていくようにしてくださいね!

無理のない範囲で楽しくダイエットを続けることが、「減量成功」への近道となりますよ。

パーソナルトレーニングを活用しましょう!

ダイエットの停滞期後を上手く乗り越えていくには、パーソナルトレーニングを活用しましょう!

とくに初心者の方だと、一人で継続するのってかなりの苦労がありますよね。

だれでもいいので「一緒に頑張ってくれる仲間が欲しい」と感じるときもあるはずです。

そういう場合は、スポーツジムなどに通ってパーソナルトレーニングを受けることで、挫折する可能性を少なくすることができます。

経験豊富なプロのトレーナーたちが、しっかりと支えながらダイエットのサポートを行い、運動だけでなく、食事内容にもアドバイスをくれますよ。

知識がほとんどない方でも続けやすく、学ぶことも多いでしょう。

無料の体験レッスンなども開催されているので、ぜひ足を運んでみてはいかがでしょうか?